今年度から新設された助成金の情報です。

40歳以上の方が起業して、40歳以上の人を雇うと、

募集や教育訓練にかかった費用の助成を受けられる、というものです。

 

<主な要件>

・40歳以上の方が起業する(または、起業から11ヶ月以内)

・特定創業支援事業(各市区町村で行われる創業者向けのセミナー)を受けている

・計画書を労働局に提出

・計画書で定めた期間(12ヶ月以内)に、60歳以上の方を2名以上、または、40歳以上の方を3名以上、雇う

 

<対象になる費用>

上記計画書で定めた期間(12ヶ月以内)に、募集や教育訓練などにかかった費用

・求人誌、求人サイトへの掲載料

・就職説明会などの実施費用

・就業規則の作成費用

・雇用管理制度の導入費用

・業務に必要な知識または技術を習得するための教育訓練、資格取得、講習に要する費用

など

 

<支給額>

起業者が60歳以上 費用の2/3 上限200万円

起業者が40歳以上 費用の1/2 上限150万円

※費用の項目ごとに上限が定められています

 

その他、諸条件はありますが、一億総活躍社会、生涯現役を支援する助成金となっております。