社会保険料は、給与額を等級に当てはめて、保険料率をかけて計算しています。等級は、毎年4月~6月に支払われた給与額に基づいて、9月から改定。原則1年間そのままです。

(例)給与の支払いが、末締め、翌月15日支払いの場合

3月分→4/15支払い分、4月分→5/15支払い分、5月分→6/15支払い分、の3ヶ月間の平均額から等級が決定します。

固定給で、給与の変更を検討されている場合、金額によっては手取り額を増やすチャンスかもしれません。

例えば、給与額を①350,000円にするか、②349,900円にするかで、9月以降の手取り額が以下のようになります。

①給与額 350,000円→手取り 286,942円

②給与額 349,900円→手取り 289,766円

※40歳以上、扶養なしの場合、住民税除く

 

①より②の方が、額面は100円少ないのに、手取り額は②の方が①より2,824円多くなっています。

 

この逆転現象は、社会保険料の等級の決まり方にあります。

給与額 330,000円~349,999円→等級 34万円

給与額 350,000円~369,999円→等級 36万円

 

等級の幅は金額によりますが、40万円未満なら、おおむね2万円刻みで設定されていますので、意識して給与額を決めれば、手取り額を増やせることもあります。

 

※社会保険料の等級が下がると、将来の年金額の減少や、傷病手当金の減少など、デメリットもあります。