前回に続いて、会社の社会保険に入るメリットについて考えてみましょう。

↓前回記事

改まって考えてみる、社会保険のメリット①(年金)

↓関連記事

年金事務所の調査 定時決定(算定)時調査

パートの社会保険 年金事務所の調査で指摘も

 

社会保険は、健康保険と厚生年金のことです。

イメージが湧きにくい人は、保険証と年金手帳を思い浮かべましょう。

今回は、健康保険、保険証の方の話です。

 

メリット① 扶養家族がいても保険料が変わらない

国民健康保険よりも、会社の健康保険のメリットがあるのは、まずはなんと言っても、扶養家族の多い方です。

会社の健康保険料は、厚生年金と同様、給与額から等級が決められ、保険料が決まります。

扶養家族は何人いても、健康保険料は変わりません。

 

一方で、国民健康保険の場合、前年の所得に応じて保険料が決まり、そして加入する家族ごとに保険料が発生するので、家族が多ければ、保険料も高くなります。

 

メリット② 病気で長期休んだ場合、給与補助が出る

病気で休んで、有休もなく、給与が出ない場合、4日目から「傷病手当金」という給与補助が健康保険協会(健康保険組合)から受けられます。

給与の約2/3の金額です。

ちなみに女性の方で、産前産後休業中で給与が出ない場合も「出産手当金」という似た制度の給与補助が受けられます。

 

以上のようなメリットがあります。

 

前回の年金の話と合わせて考えてみると、

改まって考えてみる、社会保険のメリット①(年金)

家族持ちの社員にとって、特にメリットの大きい制度です。

 

求人を出す際も、「社保完備」とあった方が、応募は来やすいです。

人手不足の状況はまだまだ続くので、こういったところから良い人材を確保していきましょう。